2007年10月18日

NY原油価格は一時89ドルまで上昇、その後は軟化ユーロ

10月も引き続き、サブプライム問題は重要な材料となる見方が強く、またユーロ圏の利上げ期待感も大きく、各国の政策金利など、売買チャンスのキッカケとなるイベントも目白押しに控えておりますので、この機会にぜひキャンペーンにご参加ください。

それか 為替はドル/円が116.50円前後、ユーロ/円は165.50円前後で推移しています。

欧州株はまちまち。

NY株はダウ工業平均が20ドル安、逆にナスダック総合指数は28ポイント高でした。

だから ダウが軟調に推移するも、序盤堅調に推移したユーロドルの影響を受け、NY金は小幅ながら堅調に推移しました。

依然としてドル安やインフレ懸念もサポートとなっているようです。

銀やプラチナも連れ高となっています。

為替はドル/円が116.50円前後、ユーロ/円は165.50円前後で推移しています。

欧州株はまちまち。

NY株はダウ工業平均が20ドル安、逆にナスダック総合指数は28ポイント高でした。

もいいですが、それか 円は一時116円29銭まで上昇する場面もあった。

ただ、夕方にかけて株価が急速に下げ渋ると、円買いも一服し伸び悩む展開となった。

円は対ユーロで反落し、前日比10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=165円75―80銭で取引を終えた。

posted by トル at 08:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。